3DCADを導入したほうがいいといわれているけど本当?

2019年7月31日

3DCADを導入するメリットとは

物づくりをしている企業ならCAD導入はしたほうがいい、という意見は少なくありません。その中でもとくに3DCADを導入したほうがいいという意見が増えてきています。なぜ、3DCADを導入したほうがいいのでしょうか。

理由としてあげられているのが平面図を作っている2DCADよりも、立体的な完成図をコンピュータ上で作成できることです。視覚的にわかりやすくなるため、プレゼンの時にも企画に対して他部署の認知度が高まり、プレゼンしやすくなるでしょう。また、実際に完成した時の体積や表面積などの、3Dならではの情報を得やすくなります。2DCADでは綿密な計算が必要となる物ですが、3Dの場合正確な数値をスピーディーに算出できるため、生産に対する問題点を早期発見しやすいといいます。物づくりの中でも、実際に物を作成し、販売する企業にとって3DCADは必須アイテムといえるでしょう。

3DCADを導入すると売上アップは見込めるか

3DCADを導入することで売上アップが見込めるかといわれると、必ずしもそうとは限りません。理由は、3DCADと売上アップが全く関係のない分野となるからです。3DCADで作成されたデータは確かに製品完成図を視覚化できる優れものであり、製造に至るまでの問題点や課題をも明確化してくれるでしょう。しかし、そもそもの企画が顧客の購買意欲を刺激する物かどうか、わかりません。視覚化されたプレゼンは確かに魅力的ですが、他の営業社員のプレゼンの内容も同様に視覚化される事、自分が企画した物が顧客にとってほしいと思えるような物となるかどうかわからないことは事実です。

導入することは確かにメリットが大きく、利便性が高くなります。しかし、企画力やマーケティングなどもしっかりしておくことが、売上アップに必要となるでしょう。

水道CADでおこなえることは、上下水道の工事に関わる申請書類の作成や、図面の作成、見積書の作成などです。