うつ病になる原因とその治療法はどんなものがあるのか

2019年7月31日

うつ病になったらどうするの?

うつ病はメンタルな病で、ストレスが貯まりやすい現代では、大人になってから発病する人が多くいます。将来的な不安を抱えたり、日常生活に悩んだりと、原因はさまざまですが、うつ病になったら、なるべく早く、症状の軽いうちに病院へ行きましょう。重症化してしまうと、通院回数が増え、薬も飲み続けなければならないなど、完治までに時間がかかってしまいますので、症状が軽いうちに病院へ行けば、短期で回復する場合が多いのです。うつ病は精神的な病気です、自分で病気になっているのに気がつかないこともありますので、つねに自分の気持ちの変化に気を付けておきましょう。もし、専門医にうつ病と診断されたら、投薬やカウンセリングを受けます。患者さんの気持ちを聞くカウンセリングは、精神的な部分に働きかけ、有効な治療方法です。また、カウンセリングによって気分をリフレッシュさせることもできます。

太陽光を浴びてリフレッシュ

近年では、うつ病の治療法として、太陽光を浴びるというものもあります。うつ病の患者さんは、どうしても家に引きこもりがちになりますが、朝日を浴びることによって、体内時計がリセットされ、活力がわいてきます。ストレスを感じてうつ病になることもありますので、朝は朝日を浴びて、昼間は外出して太陽光を浴びるだけで、ストレスを解消でき、うつ病には有効な治療法です。うつ病の治療は長くかかりますが、病気と向かい合って、うつ病と上手に付き合っていき、焦らず余裕をもって完治させることが大切です。

TMSとはTranscranial Magnetic Stimulationの略で、経頭蓋磁気刺激を意味します。主に薬剤での治療に良い結果が得られない患者を対象に、磁気エネルギーを利用して大脳皮質を刺激し、その性質や活動性を変化させる治療法です。